ETCカードの種類

-

日本の有料道路において、ETCシステムは渋滞の緩和をはじめ、エコ社会に向けても大きな役割を果たしています。

そして、このETCシステムを利用する際に、所持することが不可欠になるのが、ETCカードと呼ばれるカードです。

このETCカードですが、日本でETCシステムが導入されている有料道路において、有料道路に入る時と出る時に、その間の通行料金を自動的に計算をして、その場で支払いが自動に行われるという便利なカードです。

もしもETCカードの購入をお考えの場合、こちらのサイトを参考にするとよいでしょう。
ETCカードの作り方と基礎知識 | クレジットカード研究Lab

このETCカードには、いろいろな発行元のカードが沢山ありますが、大きく分類すると、まずは、私たちの生活に身近なカードである各クレジットカード会社が発行しているETCカードと、関東であれば、東日本高速道路株式会社という高速道路の運営会社が発行しているETCコーポレートカードという2種類があります。

ETCカードとETCコーポレートカードですが、名称も似ていてどこが違うのかと思ってしまいますが、簡単にいえば、クレジット機能がないものが、ETCコーポレートカードでクレジット機能を持っているのが、ETCカードということになります。

クレジットカードの機能があれば、それだけ使用ポイントが付くなど、いろいろなメリットがあるので、そのあたりを考えて、ETCカードを選択するのが賢い選択の仕方ということになります。